お米へのこだわり

実はたくさんあるお米のブランド

おいしいお米は、日本人なら誰もが好きなものです。
そんなお米にも、黒毛和牛や高級な海産物のように、ブランドがあり、それぞれ味に特徴があります。有名なお米のブランドのひとつといえば、コシヒカリです。
コシヒカリは味がよいように改良された品種で、新潟県の魚沼で栽培されているものは高級ブランド米として名高く、日本でのコンテストをはじめとした、数々のコンテストで最高金賞を受賞するばかりでなく、海外からも高い評価を受けているのです。
また、お米のブランドとしての価値は味だけでなく、栽培方法などによっても左右されます。基本的には農薬を使用した従来の農法ではなく、できるだけ使用する農薬の量を減らした有機農法で栽培するほうが商品としての価値は高くなります。
これは、農薬に対する印象が悪いためであり、実際に有機農法のほうがコストがかかるからです。
有機農法にすることで、これまでの農法とは違った品質を提供しているのです。

お米の種類とブランド米

お米には数多くのブランドが存在します。
お米の種類に関しては、大きく分けて単一原料米と複数原料米に分けられます。単一原料米の特徴は、文字通り一つの品種だけで作られていて、食べたときの味や質が高いということです。
次に複数原料米の特徴として、二種類以上の品種を混ぜ合わせていることと、単一原料米に比べて価格が安いということがあります。やはり、複数原料米は二種類以上の品種を混ぜ合わせているため、黒っぽい粒が目立ったり、食べたときに何か違和感を覚える場合もありますが、これは微々たる差異でありますので、全く気にならない人もいるでしょう。
これらのことを考慮すると、お米を選ぶときは値段の高い単一原料米だけにこだわる必要はなく、微妙な違いは気にしないという方であれば、複数原料米でも十分においしく食べられるということになります。
逆に、あくまでもブランドにこだわりたい方には、少し価格が上がっても満足して納得できるブランド米をおすすめします。

おすすめWEBサイト

2016/3/25 更新