お米へのこだわり

一人暮らし必見!美味しいお米の保存法

一人暮らしの方にとって、一人分の料理を作るが難しいというのは常について回る問題ですよね。
毎日食べるお米も、その都度研いで炊くのは面倒だし、かといってまとめてたくさん炊いても、炊飯器に入れっぱなしではすぐに美味しくなくなってしまいます。
余ったご飯を小分けして冷蔵、冷凍保存するのがいいのですが解凍して食べてもいまいち美味しくないという経験は誰でもあると思います。
今日は小分けしたご飯を炊きたてのように美味しいお米にするコツをご紹介します。
コツと言っても非常に簡単。ポイントは炊きたてのご飯をすぐにラップして、すぐに冷凍してしまうということです。これで水分が蒸気として逃げるのを防ぎ、レンジで解凍してもふっくら美味しいご飯を食べることができます。
アツアツのご飯を冷凍庫に入れるので、当然庫内の温度は上がってしまいます。溶けやすいものや悪くなりそうなものがない時に冷凍したほうがいいでしょう。
是非一度試してみて下さい。

美味しいお米を生産する農家の特徴

美味しいお米を作るためには、土作りや水の確保が必要で、農家の技術に左右される部分も多くなります。
水に恵まれている地域では、同時に気候条件も見事に調和するため、優良な状態で収穫できる強みがあります。山間部の地域で栽培すれば、寒暖差の影響を受けて、旨味も豊かなお米が収穫できます。

お米を収穫するまでには、雑草の処理を行ったり、風水害への備えを万全にする必要もあります。
経験を積んでいる農家は、絶妙な加減で水田の管理を行って、生育に最適な環境を作り出します。栽培法は親から子へと伝承され、美味しい品質を作るための工夫が随所に施されています。

農家の傑作となるお米は、消費者が直接に取り寄せることも可能です。産地から直送してもらえば、本来の品質が分かり、農家との信頼関係を築くこともできます。
地元で信頼できる販売店を見つけて、店主から美味しい銘柄米の情報を聞き出すことも、産地ごとの特徴を知るために有効な手段となります。

注目サイト

ノベルティ

Last update:2017/10/19