お米へのこだわり

正しいお米の保存方法

日本の食卓と言えばホカホカの白いご飯。
多くの家庭で普段からお米を常備しているのではないでしょうか。
正しい保存方法を知って、毎日美味しいご飯を食べたいですよね。
保存のポイントは、まずは容器です。
専用の米びつを使う人が多いと思いますが、米を入れる前に米糠やゴミをきれいに掃除して使いましょう。
使いかけのものに新しいお米を足すのもNGです。
米びつ以外では、乾燥や酸化を防ぐために密閉できるタッパーやペットボトルを使うと良いでしょう。
次に大切なのが保管場所です。
温度・湿度が低く、直射日光の当たらない場所で保管しましょう。
おすすめは冷蔵庫の野菜室です。
最後に重要なのが、鮮度です。
精米されたお米は、時間がたつほどに味が落ちていってしまいます。
冬場は2ヶ月、夏場1ヶ月を目安に食べきるのが良いのではないでしょうか。
お米に賞味期限の記載はありませんが、長期間放っておくと虫やカビがついたりするので、なるべく早めに消費するようにしましょう。

保存方法でお米を守ろう

日本の主食でまず思い浮かぶのはやはりお米です。コシヒカリやひとめぼれなど、たくさんの種類があります。それぞれが色々な特徴をもっていて、それぞれがとても美味しいです。
皆さんは、お米を買った場合どこに置いていますか。
高温多湿の場所には置いていませんか。衛生面を考慮していますか。家庭それぞれに独自の保存方法があると思いますが、より美味しいままで長く保存するためにその方法について考えます。
まず、温度が低く暗い場所で保存することが大切です。冷蔵庫などが最適です。これは虫が付くことをさけ、カビの発生を抑えるためです。
そして、きちん密閉できる入れ物に入れましょう。周りの匂いを吸収しないようにするためです。入れ物はきちんと洗い、清潔を保ちましょう。 このように少し意識して正しく保管しておくと、炊き上がったご飯はいつもの二倍は美味しくなるでしょう。
こだわって選んだとっておきのお米だからこそ、高価な炊飯器を買う前にお米の正しい保管を確認することをおすすめします。